最強ツールのEFO


エントリーフォームを最適化するためには、とにかく入力する項目を少なくすることです。そして、他のサイトやページへの誘導につながるリンクも極力削除するべきでしょう。

efoにとって一番大事なことは、入力項目をできるだけ少なくすることです。一行の入力数が多ければ、それだけでフォームから離脱しやすい状況を作ることになります。何回かサイトを改修していると、古い言い回しや項目などがそのまま残ってしまっていることがあります。

例えば、住所のカタカナ・ふりがな表記やFAX番号などは本当に必要でしょうか。メールアドレスの確認欄は万が一のために残すべきだと考えます。また、エラーによるストレスを減らすためにも、入力画面でのきめ細かなパフォーマンスにも期待がかかります。

名前を入力するとカナが表示される。郵便番号や電話番号は、一つの窓にして全角数字で記入しても自動的に変換することができること。必須項目と呼ばれる絶対に記入すべき箇所があといくつあるのか表示されるなど、いくらでもエントリーフォームを改善することが可能だと言えます。

エントリーフォーム最適化のツールはいろいろとでています。efoの仕組みからログ解析、スマートフォンやパソコンでのウェブサイトの見せ方、タグの挿入などに対応していますので、適切なツールを選ぶことをおすすめします。

推奨サイト|efoツール【エフトラEFO】